年末年始、ナイロビ往復の格安航空券がとれたので

エチオピアで「世界一過酷」といわれるダナキル砂漠ツアー&

アフリカ大陸最高峰「キリマンジャロ」登頂してきました!

直前まで出張でバタバタしていたことと、
チケット手配でミスがあり飛行機に乗れないリスクがあり
ほとんど現地で手配(キリマンジャロにいたっては前日の夕方 汗)。

山ガールでもハード系でもない、単なる旅好き女子でも一度にこのハードな2か所の旅を楽しむことができました!

日程

12/22 羽田→香港 ( 香港エクスプレス航空 UO625)
    香港→バンコク(キャセイパシフィック航空 CX575 )

12/23 バンコク→ナイロビ(ケニア航空 KQ887)
    ナイロビ→アディスアベベ(エチオピア 航空 ET305 )  アディスアベベ 泊

12/24 アディスアベベ→メケレ ( エチオピア 航空  ET100)
   
    ダナキルツアー参加(火山ツアー参加・火山泊)

12/25 ダナキルツアー2日目 (火山下山・民泊)

12/26 ダナキルツアー3日目 (アッサル塩湖周辺泊)

12/27 ダナキルツアー4日目
   (ダロール火山、ソルトマウンテン、採掘場など メケレ泊)

12/28 メケレ→アディスアベベ→ナイロビ(エチオピア航空 )

12/29 ナイロビ→アルーシャ(タンザニア)(バス利用)

12/30 アルーシャ→
    キリマンジャロ国立公園 ツアー1日目

12/31 キリマンジャロ2日目 ホロンボハット泊

1/1  キリマンジャロ3日目

1/2  キリマンジャロ(アタック)4日目

1/3  キリマンジャロ 5日目 

1/4  アルーシャ→ナイロビ (バス利用)

1/5  ナイロビ→バンコク(ケニア航空)の予定が遅延。

1/6  ナイロビ→バンコク (ケニア航空)

1/7  バンコク→香港→成田(羽田予定が成田に・・)

ガイドブック

フライト手配

今回、アフリカ行のチケットを手配したのは約2か月前。

旅の御用達。
スカイスキャナーで検索し

香港発・ナイロビ着のキャセイ&ケニアエアラインの8万円台のチケットが

ヒットしたmytrip.comという海外の旅行会社。

いつもこうした旅行会社は利用しないのですが、あまりの破格な値段に飛びついてしまいました。
乗り継ぎも行きが2.5時間、帰り3時間なので余裕だろうと見越していました。(あとで大きな間違いと気づく・・・)

それとは別に、LCCの香港エクスプレスの東京・香港往復を手配しました

氏名を逆に予約(NAME SWAP)しても飛行機に乗れるのか?

入力の段階で気がつかなかったのですが、

香港発・ナイロビ着のチケットが予約段階で

私の氏名が逆になって予約されていることが出発の1か月くらい前に判明!

今から買いなおすのは高すぎるし、海外のサイトでとったのでキャンセルしても返金されない可能性が高い。

各航空会社に電話とチャットで交渉するも
別々の航空会社が組み合わさったチケットだったので
航空会社から「どうしようもない」と言われ
しょうがないので出発地の香港まで行き、そこで交渉することにしました。

エチオピアのダナキルツアーも現地の旅行会社に問い合わせはしていたけど、申し込めずエチオピアのvisaも手配しませんでした。

06 : 25 羽田→10:20 香港  UO625
早朝の香港エクスプレスに乗るには深夜の秋葉原駅前発の羽田空港行バスに乗り、飛行機に乗って香港には無事に到着。

到着後、すぐにキャセイのカウンターへ行き
ドキドキしながらチケット見せ搭乗できるか聞くと

さくっと「ああ、問題ないよ!(没問題!)」とお兄さんが一言。

こっちが「えっ?」と拍子抜けしてしまいました。

これがアメリカだったら搭乗できたかはわかりませんが、ひとまず搭乗できることが分かったので、一安心。



ここから香港空港のカフェでフリーwifiを使いながらやったこと。

・エチオピアに行こうと思っていたので、エチオピア航空のナイロビ→エチオピア(メケレ)往復便を購入。

・エチオピアオンラインビザをネットで申請(52USD)。
 40分後くらいに申請完了。

・ETT(現地の旅行社)にダナキルツアーについて問い合わせしていたので、申し込む。

ナイロビからダナキルツアーの拠点になる街、メケレまでは当日乗り継ぎのチケットが取れず、アディスアベベ経由となり、しかも夜到着のアディスアベベに一晩宿泊することに。

初のアフリカで夜到着。いきなりハードル高いなと思いつつ、その旨ETTに伝えると、アディスアベベ事務所から出迎えタクシーが空港に迎えに来てくれ、ホテルもツアー込みで手配してくれました。
到着前日の連絡でこの対応、素晴らしく感動しました。

ETT
‘ETT’ Like us on Facebook
 https://www.facebook.com/ethiotravelandtours
+251 911213177 WhatsApp
+251 940373737+251 929214110 WhatsApp
+251911560596  Sunight WhatsApp+251 966328379 Sunight 
+251911616434
http://www.ethiotravelandtours.com/

香港空港のラウンジのドラフトビールで祝杯しました!

PREMIUM Lounge ではカールスバーグとアサヒビールが飲めます。

もう絶対に使わない。ケニア航空

20:25 香港→22:35 バンコク CX575
香港から、まずはキャセイパシフィック航空でバンコクへ。

バンコク到着後、数時間後にナイロビに飛ぶ予定だったのですが
ケニア航空がまさかのdelay。

飛行機を降りたところで、ケニア航空のスタッフが看板を持って待っていてくれて、ラウンジのチケットをくれました。


しょうないのでバンコクのミラクルラウンジで
チャーンビールを飲み、シャワーを浴びて時間をつぶします。
(このラウンジはプライオリティパスでも入れます)

翌朝、6:00に時間遅れの搭乗。
今回エクストラ料金を支払い、緊急出口の一番前の席をとったので広々です。

しかーし
出発して1時間半くらいで「インド洋あたりで問題が起こったのでバンコクへ戻ります」というアナウンスが流れ、なんとまたバンコクに戻ることに!

ナイロビ到着後、エチオピアへの乗り継ぎがあるため焦りましたが、いったんバンコクに着陸して機内待機。3時間ほどたってから、離陸しました。

一体なんだったのかは、不明。

9時間飛行機が遅れたため、15:30にナイロビ空港到着。
次のエチオピアのフライトまでの時間はたった1時間半。

降りたところのカウンターはたくさんの人が抗議していました。

一旦並んだのですが埒があかず、とりあえずまだ飛行機は飛んでいないから、
ダッシュしようと決めて、

荷物を受け取り、出国カウンターへ。
「超急いでる!!」と理由を言ったら書類も書かずにトランジットビザ代20ドルだけ現金で手渡し、外に出してくれました。

すごいね、アフリカ 笑

一旦空港を出るも、エチオピア行きのフライトは隣の隣の建物だということで、客引きも無視してダッシュ!!!

無事、チェックインして、免税店を見る間もなく、すぐに搭乗でした。
飛行機ではザンビア人の陽気なおじさんとおしゃべりしながら、あっという間のフライトでした。

ちなみにケニア航空、行きは間に合ったからよいですが、帰りは半日遅延。
バンコクから東京まで買いなおす羽目になりました。
東アフリカにいくなら、おとなしくエチオピア航空を利用しましょう。

エチオピア航空
エチオピア航空

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です